校長室だより 平成29年度 第6号

「平沼祭を終えて」(平成29年7月3日)

 第41回平沼祭は、7月1日、2日の2日間を一般公開とし、約7,000名の皆様にお越しいただきました。そして昨日、本校内の歴史資料室への来場者が、30,000人目を記録いたしました。多数のご来場に感謝いたします。

 さて、2日間の・・・と書きましたが、平沼祭は、5月の体育祭以降、生徒たちの準備や練習を重ね、当日を迎え、本日の片付けをもって、終了しました。行事の成功の如何は、この1ヶ月以上の期間(企画を考えている段階から言えば、さらにその前から)の取組がどうであったか、モチベーションがどのようであったか・・・で決まってくると思います。当日を迎えるまえの、生徒たちどうしの気持ちがひとつになったりならなかったり、リーダーシップをとる生徒の思いが一人歩きして悩んだり、落ち込んだり、思いがけず実は理解し合っていたり・・・・のすべてが「平沼祭」でした。生徒の皆さんにとっては今年度の平沼祭、どのような日々だったでしょうか。

 本校は、充実した施設設備を完備しているところですが、築25年の経年により、メンテナンスが必要な箇所が次々と確認されています。今年度の文化祭においても、小ホールの空調の調子が良くない状態で、ご来場の皆様には、暑いなかでごらんいただく場面もありました。本当に心苦しく思っています。そのような中で、演目が終わって退出いただくときに、生徒が団扇で扇ぎながらお客様を見送っていました。2日の天候は、夏本番の暑さでした。団扇で送る風でどれほどの涼しさと感じていただけたかはわかりませんが、生徒の気持ちを受け取っていただけたならと思いました。ご来場の皆様には、ご不快の様子もなく、ありがたく、また恐縮しております。そして、この場面に遭遇した私は、「今年の平沼祭も素晴らしい日々だった」と感じております。ありがとうございました。
生徒たちが頑張って装飾したシンデレラ階段






Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.