1学年の生徒を対象に「DIG研修」を実施

平成29年10月3日(火)UP

 先々週の9月23日(金)5・6校時、1学年を対象に「*DIG研修」を実施しました。
 本研修は、「横浜平沼高校に通う生徒のみなさんが、震災発生時に、学校周辺で起こるかもしれない災害と、そうした事態に直面した時にどのように行動すればよいかということを、より身近な問題として具体的に考えることができるようになる」を目標に実施されました。

1学年の生徒を対象に「DIG研修」を実施  5・6校時を通して行われた今回の授業では、まず生徒達はいくつかのグループに分かれ、大きな地図に書き込みを加えながら学校周辺の地理状況や施設などを把握していきました。さらにその後、学校周辺にある危険箇所や災害時に有用な施設についても、活発に議論を重ねながら探し出していきました。
 次に、改めて書き込みをした地図を見直し、学校の立地が「震災時に有利な点」と「震災時に不利な点」について、グループで討議を行いました。グループ討議の後には、それぞれのグループの代表者がグループの意見をまとめ、発表しました。

 90分間を通じ、どのグループも本当に熱心に活動に取り組んでくれていました。グループ討議後の発表では、こちらがはっとさせられるような意見もたくさん聞くことができました。こうした研修が、生徒のみなさんの日常の防災意識を高めてくれることを願っています。今回は時間の都合上1学年の一クラスのみでの実施となってしまいましたが、今後は各学年複数のクラスで実施をすることを目標にしていきたいと思います。

 *Disaster Imagination Game(災害図上訓練)の略。





Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.