1年生を対象に「携帯電話教室」を開催

平成29年6月8日(木)

1年生を対象に「携帯電話教室」を開催

 本日の総合的な学習の時間(SLの時間)に、1年生を対象にした「携帯電話教室」が開催されました。

 本行事は、「スマートフォンや携帯電話を利用する際に守ってほしいルールやマナーを理解し、スマートフォンや携帯電話にかかわるトラブルや事件・事故の事例を紹介し、生徒自らの判断でリスクを回避する能力を身に付ける。」を目標に開催され、KDDIスマホ・ケータイ安全教室事務局の方を講師に迎え、お話ししていただきました。

1年生を対象に「携帯電話教室」を開催  今回はアニメーションを見せていただき、そのアニメーションの中の問題点を考えるという形でお話が進みました。
 まず、ひとつめは不用意につぶやいたことが、仲間の中で誤解されていくストーリーでした。文字コミュニケーションは、顔や表情が見えず、発信者の都合で考えがち、またついつい仲間内ということで、軽はずみな言動をとりやすいとということで、発信する前に受け取る側のことを考えるなどのことが大切と教えていただきました。また別のSNSへ投稿しても、繋がってデータが流れてしまうことが良くあることも教えていただきました。
 次に、ふたつめのアニメーションで、SNSへの「デマ投稿」が、刑法犯にもなりうることを教えていただきました。
 最終的にまとめとして、ネットへの投稿は、1.不特定多数に伝わる。2.すぐに伝わる。3.世界中に伝わる。4.投稿したものは瞬時にコピーされネット上から消せない。5.匿名でもバレる。とにかくネットは公共の場、と認識を持つことと教えていただきました。
1年生を対象に「携帯電話教室」を開催  生徒たちは身近な話題だけに真剣な眼差しで聞き入っていました。
 そして最後に講師の先生から、万が一トラブルが起こってしまったら、決して一人では悩まず、身近な大人に相談するようにと話していただき、相談窓口の紹介がありました。

 





Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.